本当にそこで大丈夫?良質な放課後等デイサービスの選び方

良い放デイと悪い放デイの見分け方

「口頭でのフィードバック」以外は、見学の時に確認できます。
あなたのところはどちらに当てはまりますか?

儲け主義のやっつけ事業所が増加

放デイが急激に増えた理由と伴わない質…

放課後等デイサービスの数は年々増えており、2020年現在では1万4000件を突破しました。

事業所数だけ見ると、高まる需要に応えていると言えます。
しかし、求めるような人材はそう簡単に増えません。

事業所増加の背景には、起業のハードルが下がったことが関係しています。

知識や経験がない全く別の分野からの参入も可能になったことで、質の伴わない事業所が目立つようになりました。

また、売り上げの9割が公費で賄われるため、安定した運営が期待できる…などと安易な起業を促すサイトも存在するようです。

悪質放デイに関するニュース

放課後デイサービス「アニメ見せるだけ」? 国が対策へ

生活能力を高める訓練をする場所のはずなのに、「アンパンマンなどのアニメ番組を見せているだけ」「送迎で2~3時間を費やし、放課後デイにいる間はおやつを食べさせるだけ」といった内容
(2018年1月8日 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL183R1BKD2UCLV00F.html

小5男児骨折させる、デイサービス役員男逮捕 警視庁小岩署

発達障害などがある児童らが通う放課後等デイサービス事業所で小学5年の男児(10)に暴行し、頭部骨折などの重傷を負わせたとして、警視庁小岩署は21日、傷害の疑いで、東京都江戸川区南小岩の運営会社「みずならの木」役員、田辺勇太容疑者(32)=同区北小岩=を逮捕した。
(2019.10.21 産経新聞 https://www.sankei.com/affairs/news/191021/afr1910210029-n1.html

良質な放デイに通うためにやっておくべき3つのこと

①先輩ママの話を聞いて情報を集める

これが圧倒的に役立ちます同じ障害を持つ子供の親と、できるだけ多くつながりを持ちましょう
放デイは口コミも少なく、ネットだけでは情報収集ができません
きれいなHPだけど実際は適当だとか、指導員の評判などリアルな話が聞けます。
兄弟で支援を受けている家庭も多いので、まずは我が子の同級生ママと積極的に関わってみてください。

②評判の良いところへは早めに連絡してみる

早ければ4歳くらいからでも。早くアプローチしておいて損はないです。
・契約申し込みはいつからできるのか
・毎年の新規契約人数はどれくらいか
・いっぱいの場合は今からでも待機登録できるのか
…など聞いておき、資料があれば送ってもらいましょう。

③児童発達支援が併設されていれば通っておく

人気施設の場合はこちらも待機となる可能性が高いです。
もし空きがあって条件が合うなら、即契約しましょう。
先生と仲良くなれば放デイの契約に繋がりやすくなります。

就学後でも諦めないで!放デイ探し・乗り換え

良い放デイに通えば、学校だけよりも将来確実にいい影響があります。

逆に「子供と合わないな…」とか、「信用できないな…」と感じる放デイはきっぱりやめた方が良いと思います。たった数時間ですが、大事な子供を信用できないところに預けて、ましてや車移動なんて怖くないですか?

親の仕事などで仕方ないケースが大半だと思いますが、その時間もっと有意義に使える可能性があるんです。

「現状定員一杯でして…」
「待機も何人もいて…」
そんなことを言われても、めげないでください。

「来年度契約申し込みはいつからですか?」
「スポット契約で月一回…2ヶ月に1回でもいいからお願いします!」
「教室が新設される予定はありませんか?」

など、契約に持ち込めばラッキーくらいの気持ちも必要ですが、積極的に頻繁に問い合わせてみましょう。

まとめ

良質な放課後等デイサービスの見分け方と、そこへ通うための方法をご紹介しました。

私も実際通える範囲の10か所ほど見学に行きましたが、指導員の質もやり方も本当に様々でした。

中には、私が見学しているにも関わらず全くやる気が感じられない事業所も。
子供は野放し。カリキュラムも無いようで、指導員同士座ったまま全く関係ない事を喋り続けていました。
おやつの時間にはなんと自分たちまで食べながら、やっぱり喋っていました。。

逆に感動するくらい熱心にみてくれるところも存在します。
現在通っている事業所は、親も知らないような長所や短所を毎回細かくフィードバックしてくれて、今後の対応の仕方までしっかり伝えてくれます。

大切な我が子の、貴重な成長期を過ごす場所です。
ぜひ親が見極めて、できるかぎり最高の環境を用意してあげてください。

Follow me!

PAGE TOP