【90年代】爽やかな癒し系男性アーティストならDEENがおすすめ

仕事や子育てに忙しい毎日に追われ、気が付けばもうこんな歳に!?

過ぎてみれば、時が経つのはあっという間ですね。

懐かしい90年代のあの頃…
あなたはどんなふうに過ごしていましたか?

思い出のメロディや懐かしいサウンドを耳にすれば、日々の喧騒から解き放たれるかもしれませんよ☆

そこで今回は、過去に大手音楽教室の講師だった私が、
90年代を代表するアーティストを厳選してご紹介します。

“爽やかで癒やされる男性ボーカル“という条件で、自信を持っておすすめしたいアーティストは、

ジャカジャカジャカジャカ…

ジャン!

「DEEN」でーす!!!!
フゥーウ!ヒューゥ!(歓声)

あなたは「DEEN」をご存知ですか?

私が彼らの音楽をよく知るようになったのは、デビューからだいぶ経ってから。
なんと20周年ライブをやっている頃でした。

それまでは名前と代表曲くらいしか知らなかったんです。

「魅力的なアーティストなのに、あまり知られていない気がする…」と思ったので、
少しでも多くの人に知ってもらうために微力ながら記事にしてみました。

最近、ボーカルの池森秀一さんは”蕎麦好きおじさん”としてメディアに出演されていましたね。
紹介された乾麺は出荷休止となるほどの爆売れ
自信がプロデュースしたという商品も、軒並みSold Outとなるすごい人気ぶりです。
“蕎麦通”ではなく”蕎麦好き”というところがポイントのようですよ!

→池森そば 公式ショップ

音楽だけではなく、他にもワインやゴルフなど様々な分野でも活躍されているようです。

池森さんのように、楽しく年齢を重ねていきたいものですね。

それでは、まずは「DEEN」のヒット曲を振り返ります。
その後、超個人的にどうしても知ってほしい”隠れた名曲”もご紹介します!

【90年代】癒し系男性アーティスト「DEEN」のヒット曲5選

①このまま君だけを奪い去りたい

1993年リリース

デビューシングルながら最大セールスを記録。
ポケベルのCMソングで有名になりました。

②瞳そらさないで

1994年リリース

ポカリスエットのCM曲。
オリコンチャート1位とシングル初登場1位を同時に獲得しています。

③君がいない夏

1997年リリース

『名探偵コナン』のエンディングテーマ。

小学生だった筆者がDEENを認識したのは、たぶんこの時でしたね。

④夢であるように

1998年リリース

プレステのソフト『テイルズ オブ デスティニー』の主題歌。

2012年に行われたイベントでは、メンタリストのDaiGoさんが、この曲が一番好きだと話したそうです。

⑤SUNSHINE ON SUMMER TIME

1996年リリース

キリンのCMソングとしてオンエアされていたそうです。

この夏にも某100均で流れていました。

夏を目一杯感じられる一曲です。

【90年代】癒し系男性アーティスト「DEEN」の隠れた名曲5選

DEENのヒット曲、懐かしんでいただけたでしょうか?
ここからは、私がどうしても伝えたい”隠れた名曲”をご紹介します!

①少年

1996年リリースのシングル「LOVE FOREVER」に収録されています。

夕暮れ時のグラウンド、河原…
とにかくセピア色の”懐かしさ”が詰まったような一曲。

②日曜日

1996年リリースのシングル「ひとりじゃない」に収録されています。

あたたかな日曜日の昼下がり。
子どもたちの声も、吹く風も心地良い。
そんな時ふと頭に浮かんだのは…

「明日からまた仕事かー」と卑屈になりがちな日曜日の午後を、満たされた気持ちにしてくれる一曲です。

③Another Life

2001年リリース

ボーカルの池森秀一が、ソロのSHU名義で発売したシングルです。

個人的に、2010年武道館ライブでの歌唱が圧巻だったので、そちらのリンクを貼っておきます。

引き込まれる低音ボイスから、力強く歌い上げる声とストリングスの音色が、壮大なハーモニーを奏でています。

この時の英語バージョンは「猟奇的な彼女」の韓国版サントラCDにしか収録されていません。

④いくつものありがとう

2001年リリースのアルバム「UTOPIA」に収録されています。

軽くて爽やかで優しい
とにかく、そんな気持ちにさせてくれる一曲。

初めて聴いたのは「君のままで」というDVD。
DEENの曲に合わせたショートムービーを収録したもので、メニュー選択の画面で流れていました。

主演は坂井真紀さん。
さらに佐野史郎さんや佐藤二朗さんなどの豪華キャストが出演する中、DEENのメンバーもガッツリ演技を披露しています。

少々マニアックな作品ですが、興味のある方は一度手に入れてみてください。

⑤夏の雨

2010年リリースのアルバム「クロール」に収録。

「あの頃の夏が蘇ってくる…ッ!!」
という感じの、爽やか懐かしいイントロからスタート。
優しい低音ボイスが入ってくる瞬間は、いい意味でぞわぞわしますよ~。

終始心地良いメロディを味わってみてください。

まとめ

90年代を代表する、爽やか癒し系男性アーティスト「DEEN」の曲を厳選してご紹介しました。

「DEEN」のヒット曲5選まとめ

①このまま君だけを奪い去りたい
②瞳そらさないで
③君がいない夏
④夢であるように
⑤SUNSHINE ON SUMMER TIME

「DEEN」の隠れた名曲5選まとめ

①少年
②日曜日
③Another Life
④いくつものありがとう
⑤夏の雨

アーティスト名と代表曲くらいしか知らなかった「DEEN」。

けれども蓋を開けてよく聴いてみると、私が求めていたものがボンボン出てきました。

「えっ?良い!」
「うわ!これこれ!」
「あーー!これだよもう!!」

…ちょっとうるさいくらい声出ましたね。

1曲1曲聴くごとに、まるでパズルのピースをはめるように満たされていく感じ。

音楽の趣味はほとんど変わっていないはずなのに、なんでそれまでDEENの魅力に気付けなかったんだろう…。

やはり世の中、積極的に知ろうとしなければわからない事がたくさんありますね。

もしもこの記事によって、あなたの人生をさらに豊かにすることが出来たなら幸いです。

Follow me!

PAGE TOP