【発達障害☆子育てあるある】遺伝?きょうだいで発達障害の診断を受ける

発達障害の兄妹を育てているどれみそが、子育てあるあるを語ります。
誰かのお役に立てれば幸いです!

「えっ?発達障害って遺伝なの?!」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、割と納得できる方も多いのではないでしょうか。

これ、はっきりと科学的根拠が証明されているわけではありません。
ですが、東京大学や海外機関の研究では”関係ありそう”という結果が出ているんですね。

発達障害の原因としては、その他に周産期のトラブルや化学物質、生育環境の影響も考えられています。

私の体感ですが「遺伝は関係ある」と思います。
理由は以下の通り。

・我が子が2人とも発達障害だから
・療育に通っているお友達の大半がきょうだいで発達障害だから
・私にも主人にも発達障害の特性があるから
・私と主人お互いの親族に、発達障害の特性を持った人が多数いるから
・療育に通っているお友達の親族に、発達障害の特性を持った人がいるから

上の子が2歳で発達の遅れを指摘されて以来、
4つの療育機関と幼稚園、保育園、小学校など沢山の方々と関わってきました。
その中で、きょうだいで発達障害、あるいはその疑いを指摘されるケースのなんと多いこと。

最初に目の当たりにしたのは、上の子が療育園に通いはじめて間もない頃でした。
新しく入ってきた女の子のお母さんが、先生に
「お兄ちゃんがお世話になりました。」と言ったのです。

私は衝撃を受けました。そして正直に言うと、こう感じたのです。

「きょうだいで障害があるなんて、このお母さんかわいそう。なんて恵まれていないの?」
「自分だったら絶望するだろうな…」

このときは、まさかそれが自分の身に降りかかるとは思ってもいませんでした。
娘に関しては、きょうだい児問題についての記事を漁っていたくらいでしたから。

月日は流れ、娘が発達障害の診断を受けた頃。私は絶望しませんでした。
やはりあの頃は、圧倒的に知識と経験が足りなかったのです。
むしろ明るい未来の可能性を感じています。

近年、発達障害についての理解が広まり、教育や様々な場所に生かされています。
ほんの数年違えば、発達障害児を取り巻く環境が大きく変わっていく時代。
これまでにないスピードで、状況は良くなってきていると感じます。

とはいえ、まだまだ情報が少ない発達障害児教育。
もれなく知識をつけて、子供の可能性を広げられるよう、これからもがんばります!